~輸血用血液製剤を安全に使用いただくために~看護師・臨床検査技師対象の研修会を開催

輸血用血液ストック状況 400ml赤血球

A型
十分なストックがあるっち♪
O型
少なくなってるっち!献血お願いしますっち!
B型
十分なストックがあるっち♪
AB型
ちょっと心配だっち献血まってるっち

8月18日 9時現在

2017/02/09 福岡

~輸血用血液製剤を安全に使用いただくために~看護師・臨床検査技師対象の研修会を開催

 福岡県赤十字血液センターでは、医療機関での血液製剤取り扱いにおいて必要な知識の習得と技術の向上を目指し、血液センター主催による看護師・臨床検査技師対象の研修会を行っています。

 本年度は、看護師対象研修会を4回、臨床検査技師対象研修会を8回(実技2回、講義6回)開催し、延べ344人の参加をいただきました。

 

 

 看護師対象の研修では、血液製剤の取り扱いや選択方法についての講義、実際に供給の流れを見学するなど、福岡県の血液製剤使用状況や献血の現状についても理解を深めていただきました。

 

 

 臨床検査技師対象の実技研修では、ABO血液型の判定や交差適合試験を行い、検査手順について再確認するとともに、日常検査で時に遭遇する「異常反応」への対処法などについても研修を受け、検査技術の向上に努めていました。

 

 

 

 受講者からは、「今まで行っていた輸血に関する手順を再確認できた、今後の業務に活かしたい」「今回の内容を病院内でも伝達・共有していきたい」「わかりやすく有益となる研修であったため、今後も定期的に研修を継続してほしい」などといった感想が寄せられました。

 

 

 輸血医療において看護師や臨床検査技師の果たす役割は大きく今回の参加者の多くが輸血医療に対して強い関心や向上心を抱かれていました。

 今後も、安全かつ適正な輸血医療推進のため、輸血に関する必要な情報を医療関係者の皆様に提供していきます。

     

 

 

  • 前へ
  • 一覧へもどる
  • 次へ

address