プライバシーポリシー

日本赤十字社九州さい帯血バンク 個人情報の取扱に関する方針(プライバシーポリシー)

日本赤十字社九州さい帯血バンク(以下、当バンク)は、さい帯血移植治療のためのさい帯血採取調製保存提供組織としての社会的、公共的な使命と責任を果すべく、様々な事業活動に取り組んでいます。その事業の実施基盤となるさい帯血提供者様ならびにさい帯血移植患者様の個人情報の取扱いについて、重要性を深く認識し、当バンク全職員が一丸となって、適切かつ厳重な保護に努めます。

1.当バンクで取り扱う個人情報

当バンクで取り扱う個人情報とは、当バンクが採取したさい帯血の提供者本人様とその御家族、当バンクより移植治療のためにさい帯血の提供を受ける患者様に関する情報であって、当バンクの業務の目的を達成するために必要な範囲内において取得し、または作成されたもののうち、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、さい帯血採取場所、疾患症名、主治医名、入院病院名その他の記述等により、特定の個人を識別できるものをいいます。個人情報の主体の生死は問いません。

2.個人情報の適正な取得

当バンクは、十分な安全管理措置を講じた上で、当バンクの業務目的を達成するために必要な範囲内において、適法かつ公正な方法で個人情報を取得します。

3.個人情報の管理

当バンクは、個人情報を適切に管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等に対し、予防措置を講ずるとともに、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに是正措置を講じます。

4.個人情報の利用及び提供

当バンクは、個人情報を予め示した利用目的の範囲を超えて利用することはありません。
また、以下の場合を除き、基本的に個人情報を第三者に提供することはありません。

  • (1)本人の同意がある場合
  • (2)予め第三者に提供することを通知してある場合
  • (3)法令により必要と判断される場合
  • (4)守秘義務を明記した契約に基づいて業務委託等を行う上で、必要な限度において相手企業等に開示する場合

5.個人情報の開示、訂正等

当バンクは、本人からの個人情報の開示請求に対し、当該情報を保有している担当部署において、本人であることを確認の上、書面にて受付けます。

当バンクは、個人情報の開示請求の理由及び請求範囲が適正であると判断した場合は、請求に応じます。また、個人情報の開示の結果、内容が不正確または誤りであることが判明した場合は、速やかに訂正等に応じます。

6.法令及び規範等の遵守

当バンクは、個人情報の取扱いについて、プライバシーの保護に十分配慮して、法令及びその他の規範を遵守します。

当バンクは、個人情報の保護違反に対して、毅然たる態度で臨みます。

7.継続的改善

当バンクは、個人情報の取扱いを適切に行うため、個人情報の取扱いに関する規程を整備し、運用状況を定期的に監査することで、継続的に見直し、改善に努めます。

平成20年4月1日
日本赤十字社九州さい帯血バンク
(旧:福岡県赤十字血液センターさい帯血バンク)
代 表 清川 博之

以 上

個人情報の取扱いに関するお問い合わせ

日本赤十字社九州さい帯血バンク 事務局

〒818-8588
福岡県筑紫野市上古賀1-2-1

TEL 092-921-1435(平日 9:00〜17:30)
FAX 092-921-2358

利用目的の提示 個人情報の利用目的

当バンクは保有するさい帯血提供者ご本人様とそのご家族ならびに当バンクより移植治療のためにさい帯血の提供を受ける患者様(以下移植患者様)の個人情報を以下の目的のために利用します。

  • (1)採取に際してご提供いただいた個人情報の一部(特に御氏名)は、採取病院から当バンクまでの搬送の間、採取されたさい帯血の識別のために用います。
  • (2)さい帯血提供者本人様ならびにご家族の情報は、さい帯血調製保管の可否判定とさい帯血移植による遺伝性疾患の伝搬を回避するために用います。
  • (3)さらにさい帯血提供者本人様ならびに母親の情報は、感染症の伝搬を回避するために用います。また、同目的のため、生後6ヶ月後の健康調査を目的とした調査票の送付に用います。
  • (4)移植患者様の個人情報は、移植の可否の判定と移植後の医学的・疫学的評価のための調査に用います。

 

address