血液のゆくえ

血液のゆくえ

献血から医療機関まで

血液のゆくえ

血液は栄養や酸素の運搬、免疫など人間の生命を維持するために欠くことのできない機能を多く含んでいます。現在、血液の機能を完全に代替できる手段は存在しないため、医療において輸血は欠かすことができない治療法となっています。皆さまの献血が輸血医療を支えています。

献血いただいた血液は、献血会場から各地のブロック血液センターへ運搬され、精密な検査、血液成分ごとに分離が行われて血液製剤となり、適切な温度下で保管されます。医療機関からの要請に24時間365日対応できる体制を整えており、患者さんが必要とする時に血液が届けられます。

疾病別輸血状況 (2012年 東京都)

疾病別輸血状況グラフ(H24年)

献血由来 (国内製薬企業の血漿分画製剤包装箱より)

血漿分画製剤包装箱イメージ写真

※国内製薬企業に送付した原料血漿から製造した血漿分画製剤にはすべて「献血」採血国:日本と明記されています。

 

address